RSS

丸紅、紅河デルタで石炭ガス化事業

2007年8月14日(火) 12時37分(タイ時間)
【ベトナム】丸紅は13日、ベトナム石炭鉱産物公社(ビナコミン)、豪州のリンク・エナジーと、ベトナム・ハノイ市周辺の紅河デルタ地域の亜瀝青炭(推定埋蔵量300億トン)を対象に石炭地下ガス化技術による共同開発を進める覚書に調印したと発表した。同技術はリンク社が豪クイーンズランド州で実証実験を進めている。

 石炭地下ガス化技術は、採掘の困難な深部あるいは複雑な地質構造下の石炭資源の有効利用に適しているという。地下で石炭をガス化することにより、地表でのガス化炉設備が不要となり、コスト削減につながる。
《newsclip》