RSS

ホーチミン国際空港新ターミナル、供用開始

2007年8月14日(火) 13時39分(タイ時間)
【ベトナム】ベトナム・ホーチミン市のタンソンニャット国際空港で14日、新ターミナルの供用が開始された。

 新ターミナルは3階建てで、1階は到着ロビー、2階は出発ロビーとなっている。旅客取扱能力は年間1000万人で、華信航空、タイガー・エアウェーズ、ロイヤルブルネイ航空、立栄航空、深セン航空が先行使用する。9月からは35社が同ターミナルに移転する。建設費は32兆ドン(1億9770万米ドル)で、日本の政府開発援助(ODA)で賄われた。旧ターミナルは国内線専用となる。
《newsclip》