RSS

インフレ率通年で7.2%、ベトナム中銀が認識

2007年8月14日(火) 13時40分(タイ時間)
【ベトナム】ベトナム国家銀行(中央銀行)のグエン・ドン・ティエン副総裁は13日、記者会見を開き、政策的に物価上昇を防止し、今年通年の消費者物価上昇率を7.2%と予測した。

 同国における1?7月の消費者物価上昇率は6.19%に達した。市場予測では通年で10%に達するとの予想が聞かれる。7月の消費者物価は前月比0.4%、前年同月比7.5%の上昇だった。

 ティエン副総裁は「流動性に対する監視を継続し、物価をコントロールしていく」と述べた。ベトナム政府は過剰流動性を吸収するため、国債の増発を計画している。
《newsclip》