RSS

商業施設運営のCPN、上期18%増収

2007年8月14日(火) 13時45分(タイ時間)
【タイ】タイ流通大手セントラル・グループ傘下でショピングセンター、オフィスビルなど不動産の開発・管理を担当するセントラル・パタナ(CPN)は上半期(1—6月)の総売上高が前年同期比18%増の37.7億バーツ、最終利益が4.2%減の8.5億バーツだった。バンコク都心の大規模ショッピングセンター(SC)、セントラルワールドの本格開業で増収減益。賃貸事業の空室率はオフィス9%、小売り5%だった。

 同社はバンコクを中心にSC10館、オフィスビル5棟を運営。
《newsclip》