RSS

タイ前首相夫妻に逮捕状、汚職裁判で出廷拒否

2007年8月14日(火) 14時25分(タイ時間)
【タイ】タイのタクシン前首相夫妻が公有地取得をめぐる汚職防止法違反に問われた裁判の初公判が14日開かれ、タイ最高裁判所は出廷しなかったタクシン夫妻に対し逮捕状を発行した。タクシン夫妻に逮捕状が出たのは今回が初めて。タイ国営テレビ局チャンネル9などが報じた。

 タクシン氏は昨年9月のクーデター以来タイに帰国しておらず、夫人のポジャマン氏も海外滞在中で、裁判所の出廷命令に応じなかった。2人の弁護士は、帰国した場合、危害を加えられる恐れがあるとして、出廷拒否の正当性を主張したが、裁判所はこれを認めなかった。

 問題の土地はバンコク都心から近い地下鉄沿線の5.3ヘクタールで、03年にタイ中央銀行が実施した差し押さえ不動産の競売で、ポジャマン氏が7.7億バーツで落札した。検察はこの取引が国家機関と当該機関の管理・監督職である国家公務員もしくはその配偶者が事業契約などを結ぶことを禁じた汚職防止法に違反したとして、6月に夫妻を起訴した。
《newsclip》