RSS

タイ前首相への逮捕状、真の狙いは帰国阻止?

2007年8月14日(火) 23時56分(タイ時間)
【タイ】タイ最高裁判所が14日、タクシン前首相夫妻に汚職防止法違反で逮捕状を出したことで、タイ検察庁は、タクシン氏が滞在している英国に同氏の身柄引き渡しを求める方針を示した。ただ、英経済誌エコノミストは、夫妻が起訴された容疑では、英国政府が身柄引き渡しに応じる可能性は低いと報道。英フィナンシャル・タイムズ紙は、有識者の発言を引用する形で、タイ軍事政権の狙い真の狙いは、逮捕状によってタクシン氏の帰国を阻止することと報じた。

 タイ軍政は、タクシン一族の資産凍結、政党登録解禁の先送りなどで、旧与党・タクシン支持派の復活を押さえ込もうとしている。しかしタクシン派は、年末に予定されている下院総選挙に向け着々と反撃態勢を整えつつあり、ここでタクシン氏が帰国すれば、逮捕・投獄しても、放置しても、同派の求心力が高まることは避けられないとみられていた。
《newsclip》