RSS

スイス人が造るモダンなイタリアン/キャンティ編

2007年8月18日(土) 07時24分(タイ時間)
今回はキャンティ・クラシコだ。できのよいキャンティは透明度があって酸もありながら余韻が長い。作り手のレベルは高いのでかなり期待できるが果たしていかに。

キャンティにしては色調は少し濃いような気がする。モダンなキャンティと言えばそれまでけどこの濃さが甘みにつながっていれば飲みやすい。香りは透明感はなく、少し濁っている。保存状態に問題があったかもしれない。実際飲んでみるとやはり少し甘めだ。苦みも少し混じっている。キャンティとはいえメルローを混ぜているだからだろうか?モダンな作り手とはいえ評論家向けのワインを造っているのではないだろうか?コストパフォーマンス的には残念ながら少し価格が高いかな、でもタイ人が好みそうなワインだ。いままでにないキャンティのスタイルだ。

前評判がいいだけに厳しいことを言っているけど、スーパータスカンといわれるソライアやルーチェと一緒にブラインドテイスティングしたら分からないだろうな。それらを買うよりは安いけど。ワイン好きなら一度は試してみてもいいかも。
《newsclip》


新着PR情報