RSS

横浜ゴム、タイに大型テストコース建設

2007年8月22日(水) 13時31分(タイ時間)
【タイ】横浜ゴムは22日、タイ東部ラヨン県に大型テストコース(プルービンググラウンド)を建設すると発表した。乗用車用、トラック・バス用タイヤの性能評価、品質向上が目的で、総投資額25億円。2008年度中の完成を目指す。

 新テストコースの敷地は東京ドームの36倍に相当する169万平方メートル。周長4.1キロ、最大直線1キロの高速周回路のほか、操縦安定性、燃費、耐久性、騒音、振動、乗り心地などを調べる各種試験路を建設する。同社のテストコースは茨城県、北海道に続く3カ所目。

 横浜ゴムはラヨン県アマタ・シティー工業団地に工場を設け、05年4月からトラック・バス用タイヤ、06年11月から乗用車・ライトトラック用タイヤを製造。将来的にはタイを海外最大の総合タイヤ生産拠点とする方針で、生産設備の拡張を進めている。
《newsclip》