RSS

都心部への有料通行範囲、11月から拡大=シンガポール

2007年8月24日(金) 21時21分(タイ時間)
【シンガポール】シンガポール陸運局は23日、都心部への車両流入を制限するために導入している電子式道路通行料金徴収システム(ERP)の範囲を11月から拡大することを決めた。料金を自動徴収するゲートを9カ所に増設し、このうち4カ所で料金徴収を開始する。ゲートの数は全体で62カ所となる。料金徴収を見送るゲートでも、通行車両の平均速度が時速45キロを下回れば、徴収を開始する計画。

 新たにゲートが設置されるのは、渋滞が深刻なセントラル高速道路のモールメインロード出口付近など。
《newsclip》