RSS

タイ国営通信TOT、労組が全取締役の辞任要求

2007年8月25日(土) 17時23分(タイ時間)
【タイ】固定電話、インターネット接続などを手がけるタイ国営通信会社TOTの労働組合が23日、経営能力の欠如を理由に同社取締役全員の辞任を要求し、政府が調停に乗り出す騒ぎとなっている。今年1月に同社会長に就任したタイ軍事政権幹部のサプラン陸軍司令官補は、「自分を解任できるのはスラユット首相とソンティ陸軍司令官だけ」として、要求に応じない考えを明らかにしている。

 TOTは昨年9月のクーデター後、内紛で社長、社長代行が3回交代した。一方、上半期(1—6月)決算で総収入が前年同期比13%減の259.4億バーツ、最終利益が36%減の28.6億バーツに落ち込むなど経営不振は深刻で、収入の半分を占める民間企業からの事業権料収入を除けば、すでに大幅な赤字だ。
《newsclip》