RSS

タイのコメ輸出大手が経営破たん、前政権閣僚と癒着疑惑

2007年8月28日(火) 16時38分(タイ時間)
【タイ】タイのコメ輸出大手プレジデント・アグリ・トレーディングが100億バーツ近い負債を抱え経営破たんした。タクシン政権と結びついた急拡張路線が昨年9月のクーデターで裏目に出たとみられている。同社に対する債権は、バンコク銀行(BBL)、クルンタイ銀行(KTB)、バンクタイ(BT)、TMB銀行などがそれぞれ10億—20億バーツに上るもようだ。

 プレジデント・アグリは04年に国の在庫米180万トンの輸出契約を商務省と結び、当時のワタナー商務相との癒着がうわさされた。このときの輸出契約は100万トン近くが不履行になっているという。ワタナー氏は現在、汚職容疑で軍事政権の調査を受けている。
《newsclip》