RSS

マレーシア独立50周年、盛大に記念パレード

2007年8月31日(金) 16時55分(タイ時間)
【マレーシア】マレーシアは8月31日、独立50周年を迎え、クアラルンプール中心部のムルデカ(独立)広場では、盛大に記念パレードが行われた。

 独立記念日の記念行事は午前0時に恒例のカウントダウンで幕を開け、午前8時から始まった記念パレードで最高潮を迎えた。

 今年のパレードは「栄光のマレーシア」がテーマ。ミザン・ザイナル・アビディン国王の入場に続き、国歌「ヌガラク」が演奏され、上空には空軍のヘリコプターがマレーシア国旗をひるがえして飛来。その後、会場では50年前の1957年にマラヤ連邦独立を宣言したラーマン初代首相にならい、「ムルデカ!」と全員で連呼した後、国旗を手にした2万5000人が約2時間にわたり華やかに行進した。

 会場にはミザン・ザイナル・アビディン国王夫妻のほか、アブドラ首相夫妻ら政府首脳、ブルネイのボルキア国王、タイのワチラロンコーン王子とスラユット首相、英国のアンドリュー王子、シンガポールのリー・シェンロン首相ら各国要人が勢ぞろいした。
《newsclip》