RSS

タイの4ー6月成長率4.4%・輸出牽引、内需低迷

2007年9月2日(日) 22時33分(タイ時間)
【タイ】タイ国家経済社会開発委員会(NESDB)は3日、4—6月のタイの国内総生産(GDP)伸び率(速報値)が前年同期比4.4%(速報値)だったと発表した。民間消費(前年同期比0.9%増)、民間投資(同0.8%減)の落ち込みを、輸出(同18.3%増、ドル換算)と財政出動で補った形で、「バランスを欠いた成長」(NESDB)となった。

 インフレ率は1.9%(1—3月2.4%)、失業率は1.6%だった。

 07年1ー3月のGDP伸び率は前回発表の4.3%を4.2%に下方修正した。07年通年の伸び率見通しは4—4.5%で据え置いたが、輸出減速の兆しと不良債権の増加に懸念を示した。観光産業については、日本、韓国の旅行者が訪問先をタイからベトナムに移しつつあるとして、外国人旅行者数の前年比7.1%増という目標達成は困難という見方を示した。
《newsclip》