RSS

ミャンマーのダム建設現場に爆弾、タイ人1人死亡

2007年9月3日(月) 20時51分(タイ時間)
【ミャンマー】ミャンマー東部の大河、サルウィン川(中国名、怒江)のハッジ水力発電ダムの建設現場で2日夜、オートバイに乗った男2人がタイ電力公社(EGAT)の宿舎に爆弾を投げつけ、爆発でタイ人技術者1人が死亡した。タイ国営テレビ局チャンネル9が報じた。

 ハッジダムは、サルウィン川に複数の発電ダムを建設する「タサン水力発電プロジェクト」の第1弾で、ミャンマー軍事政権、タイ、中国が共同で建設を進めている。建設現場は反ミャンマー軍政の少数民族組織「KNU」などの活動地域で、5月にも襲撃事件があり、EGAT社員らタイ人3人が重軽傷を負っている。
《newsclip》