RSS

ピーピー島沖のダイビング船転覆、イスラエル人2人死傷

2007年9月4日(火) 22時43分(タイ時間)
【タイ】9月4日午後、南部クラビ県のピーピー島沖で外国人ら60人以上が乗ったダイビング船が高波で転覆し、イスラエル人男性(33)が死亡、別のイスラエル人男性(26)が船のスクリューで足を切られ大怪我を負った。

 事故当時、乗船していた乗客は、カナダ、オランダ、韓国、イスラエル、ポーランド、オーストラリア、英国などの外国人54人とタイ人5人で、ほかにタイ人乗員5人が乗り組んでいた。

 船は全長37メートルで、60人が乗船できる大きさだったが、法令による保険の強制加入を避けるため、乗客・乗員数が最大11人と登記されていた。また、船長はこの大きさの船を操船する免許を持っていなかった。
《newsclip》