RSS

バンコクのホテル火災・死者なし、日本人ら負傷

2007年9月5日(水) 11時52分(タイ時間)
【タイ】バンコクのマンダリン・ホテル(ラマ4世通り)で5日午前零時過ぎに発生した火災は、午前5時までにほぼ鎮火した。死者の報告はないが、宿泊客の外国人ら約20人が煙を吸い込むなどし、午後1時半時点で、チュラロンコン病院などに6人が入院中。このうちタイ人男性1人は呼吸困難で重傷という。日本人は5人がチュラロンコン病院などで手当てを受けた。

 火元は2棟あるうちの1棟、プリンセス棟(14階建て、216室)の2階とみられている。被害額は1億バーツ以上に上る見込み。

 同ホテルは1泊30ドル前後と宿泊料が安く、日本人ツアー客の利用も多い。5日は全372室がほぼ満室だった。建物は築30年でかなり老朽化し、スプリンクラーや火災報知機、警報がまったく機能しなかったもようだ。ホテルスタッフによる避難誘導もほとんど行われなかったという。
《newsclip》