RSS

軍巡視船建造で不明朗支出、野党が攻撃=マレーシア

2007年9月10日(月) 14時23分(タイ時間)
【マレーシア】マレーシア会計検査院がこのほどまとめた2006年の年次報告で、国防省の巡視船の発注に絡み不明朗な支出があることが明るみに出て、野党が攻撃を強めている。

 国防省はペナン・シップビルディングに巡視船6隻を53億5000万リンギで発注し、これまでに2隻(28億7000万リンギ)相当の引き渡しを受けたが、それを上回る42億6000万リンギが同社に支払われていた。

 野党民主行動党は、引き渡し済みの2隻の代金より13億9000万リンギ多く支払われたのは不適正だとして、国防省に説明を求めている。

 同報告ではこのほか、破たんが懸念されている高等教育基金(奨学基金)で、マレーシア国籍が証明できない2万5871人に学資ローンが提供されていた事実が分かった。
《newsclip》