RSS

慈善団体レスキュー隊員に発砲、縄張り争いか

2007年9月16日(日) 12時18分(タイ時間)
【タイ】15日夜、慈善団体ルアムカタンユ(義徳善堂)のレスキュー隊員2人(44、40)がバンコク都内でピックアップトラックを運転中、別のトラックから銃撃を受け、腹部を撃たれるなどした。警察はライバルの慈善団体との縄張り争いが原因とみて捜査を進めている。タイ国営テレビ局チャンネル9などが報じた。

 タイでは公共の救急車サービスの導入が遅れており、事故のけが人の病院への搬送は、華僑が創始した慈善団体が行っている。各団体のレスキュー隊のライバル意識は強く、けが人の「奪い合い」まがいの事態も起きている。
《newsclip》