RSS

KFEジャパン、タイのPCBメーカーに15%出資

2007年9月18日(火) 08時39分(タイ時間)
【タイ】電子部品商社のKFEジャパン(横浜市)は18日、台湾・競華集団(APCBグループ)のタイ子会社でプリント基板(PCB)製造を手がけるCKLエレクトロニクスの増資新株を引き受け、CKL株の14.7%を取得すると発表した。出資額は約3億800万円。

 CKLはタイ中部アユタヤ県バンパイン工業団地に工場があり、生産能力は月5万平方メートル。販売先はタイ、ベトナム、マレーシア、北米が中心。06年の売上高は3200万ドル。2008年第1四半期稼動を目指し、同工業団地内に新工場を建設中で、完工後、生産能力は月15万平方メートルになる。投資額は10億バーツ。
《newsclip》