RSS

Malt Whiskey 対決 日本対スコットランド

2007年9月21日(金) 13時56分(タイ時間)

昨日はモルトウイスキー日本とスコッチ、2種類ずつの飲み比べイベントを行った。ニッカ竹鶴17年とグレンリベット18年、サントリー響17年とバランタイン17年だ。それぞれ毎年数々の賞を受賞している銘柄達だ。今回来店したタイ人やファランにはニッカ竹鶴の方が響よりも人気が高かった<普段は響が一番売れるのだけど、エキスパートには竹鶴の方ほうがピートが利いていて特徴がはっきりしているので好まれるのかもしれない>。

同時に日本のウイスキーの知名度も上がって来ている。響21年と山崎18年は高いけどすぐなくなってしまう。 Whiskey Lover が新規客になって客層を広げることができた。昨年の2周年イベント前日のクーデターから丸1年、少し先行きが明るくなってきたような気がする。
《newsclip》