RSS

ホーチミン市、渋滞防止で車両登録料導入を検討

2007年9月25日(火) 14時59分(タイ時間)
【ベトナム】ベトナム・ホーチミン市当局は、交通渋滞の緩和に向け、自動車とバイクから年間50万—500万ドンの車両登録料を徴収することを検討している。タインニエン(電子版)が伝えた。

 現在は車両登録料は購入時に1回支払えばよいことになっている。同市人民委員会のレ・ホアン・クアン主席は「交通量が急速に増加する中で、車両登録料制度は自動車台数を制限し、渋滞の緩和と事故防止を図るのに役立つ」と指摘した。徴収した車両登録料は地下鉄を含む交通インフラに投資される。

 同市はまた、バス専用車線の導入を検討していくことにした。

 同市における自動車登録台数は50万台、バイク登録台数は320万台。
《newsclip》