RSS

「歴史上最大の過ち」 ミャンマー野党がデモ鎮圧を非難

2007年9月26日(水) 14時32分(タイ時間)
【ミャンマー】ヤンゴンからのAFP電などによると、ミャンマーの民主化運動指導者アウン・サン・スー・チーさんを精神的リーダーとする国民民主連盟(NLD)は26日、軍政当局が僧侶を殴るなどして反政府デモの鎮圧に乗り出したことについて、「歴史上最大の過ちを犯した」と激しく非難した。その上で、事態の平和的な解決に向け直ちに対話に応じるよう軍政当局に呼び掛けた。

 一方、AFP電によると、ヤンゴン以外でも西部の港湾都市シットウェで26日、1万5000人規模のデモが発生したもようだ。
《newsclip》