RSS

ベトナム南部の橋崩落、死者52人に

2007年9月26日(水) 19時59分(タイ時間)
【ベトナム】ベトナム南部のビンロン省で26日、建設中の橋「カントー橋」が崩落した事故で、死者の数は少なくとも52人に達した。負傷者は79人でうち17人が重傷という。国営ベトナムテレビが夜のニュースで報じた。現場では26日夜もがれきの中で救助作業が続いている。

 カントー橋は日本の政府開発援助(ODA)事業で、約250億円を投じ建設が進められていた。在ベトナム日本大使館によると、日本人の死傷者が出たという連絡は入っていないという。

 ベトナム通信運輸省のゴ・ティン・ドゥク副大臣は「救助活動が優先だ。崩落したコンクリートを除去し、生き埋めになった人を救う作業が困難を極めている」と述べた。

 ニュースサイトのVNエクスプレスによると、事故当時の状況について、目撃者の1人は「橋の一端で大きな音が聞こえたかと思うと、作業員から悲鳴が上がった。巨大なコンクリートの塊が多くの作業員に上に崩落した」と語った。
《newsclip》