RSS

タイ格安航空機事故、犠牲者90人に

2007年9月28日(金) 09時10分(タイ時間)
【タイ】タイの格安航空ワントゥーゴーの旅客機が9月16日、プーケット国際空港で着陸に失敗、大破炎上した事故で重傷を負い、バンコクの病院で手当てを受けていた英国人の女性乗客(22)が27日、死亡した。事故の死者数は90人になった。

 女性の交際相手で一緒に旅行していた英国人男性(22)は事故当時に死亡し、26日に遺体が英国に送還された。英BBCによると、2人は世界一周旅行に出発し3日目だったという。

 事故機は機齢12、13年のMD82型機で、乗客乗員130人が搭乗していた。強風と豪雨の中、着陸を図り、滑走路を外れて林に突っ込み、大破炎上した。生存者は機外に飛び降りるなどし助かったが、多くがやけど、骨折などで入院した。

 事故原因については、インドネシア人機長の操縦ミス、突風、故障などの可能性があり、米国でブラックボックスの検証が行われている。
《newsclip》