RSS

タイ東部の発電所から軽油流出、貝養殖に被害

2007年9月28日(金) 18時07分(タイ時間)
【タイ】27日、タイ東部ラヨン県マプタプット工業団地の火力発電所から軽油が運河に流れ出し、養殖の貽(い)貝などが被害を受けた。

 流出事故があったのは、仏エネルギー環境大手スエズ傘下のタイの発電会社グロー・エナジーの発電所。グローは流出量を150—200リットルとしているが、地元の漁師は、これをはるかに上回る大量の油が流れ込んだと主張している。

〈グロー・エナジー〉
タイ東部のイースタン工業団地、チョンブリ工業団地などで発電所を運営し、発電容量は計1708メガワット。06年決算は売上高325.9億バーツ、最終利益56億バーツ
《newsclip》