RSS

アロカ、インドで超音波診断装置製造

2007年9月29日(土) 19時20分(タイ時間)
【インド】医用電子装置メーカーのアロカ(東京都三鷹市)は28日、インドのチェンナイに超音波診断装置の製造子会社を設立すると発表した。インドの国内市場向けに、2008年10月に出荷を始める予定。

 新会社は「Aloka Trivitron (Medical Equipment)」。資本金約5.8億円で、アロカが60%、インドの同社販売代理店であるトライビトロンが40%出資する。業績見通しは、営業開始2年目で売上高3億8400万円、営業利益2700万円。
《newsclip》