RSS

日タイ経済連携協定、11月1日に発効

2007年10月2日(火) 17時05分(タイ時間)
【タイ】日本の経済産業省は2日、日本とタイの両国政府が同日、日タイ経済連携協定(JTEPA)に関する外交文書を東京の外務省で交換し、同協定が11月1日に発効することになったと発表した。日本のEPA発効は、シンガポール、メキシコ、マレーシア、チリに次ぐ5カ国目。

 JTEPAは05年8月に大筋合意し、今年4月に調印された。発効から10年以内に日本からタイへの輸出の約97%、タイから日本への輸出の約92%が無税となるほか、労働者の受け入れ、投資などに関する規制が緩和される。
《newsclip》