RSS

結合双生児の兄、ベトさん死去

2007年10月6日(土) 13時12分(タイ時間)
【ベトナム】東京からの報道などによると、ベトナム戦争中に米軍が散布した枯れ葉剤の被害者とされる結合双生児の兄、グエン・ベトさんが6日未明、ホーチミン市のツーズー病院で死去した。26歳だった。

 ベトさんは1981年、ベトナム中部のザーライ省で、弟のドクさんと下半身がつながった状態で生まれた。86年にはベトさんが急性脳症を発症したため、日本に移送されて治療を受けた。88年10月には症状が悪化したため、日本の医師も協力して同病院で分離手術が行われた。この模様は日本でも大きく報じられ、2人は「ベトちゃん、ドクちゃん」の愛称で親しまれた。

 べトさんは重い脳障害のため寝たきりの生活を送っていたが、今年5月に肺炎を起こすなどして、容態が悪化していた。

 一方のドクさんは兄にベトさんが入院する同病院で働き、昨年12月には結婚していた。
《newsclip》