RSS

ミャンマー国営テレビ、スー・チーさんの写真放映

2007年10月6日(土) 13時14分(タイ時間)
【ミャンマー】ヤンゴンからの報道によると、ミャンマー国営テレビは5日夜、自宅軟禁が続く民主化運動指導者アウン・サン・スー・チーさんが同国を訪問したガンバリ国連特使と面会した際の写真を放映した。

 国営メディアがスー・チーさんの動向を報じるのは少なくとも4年ぶりで、極めて異例。軍政当局が民主化勢力との対話姿勢があるかのように演出するのが狙いとみられる。スー・チーさんの呼称には敬称が付いていたという。

 国営テレビはガンバリ国連特使がスー・チーさんと2回面会したほか、タン・シュエ国家平和発展評議会議長とも会談したなどと報じた。

 一方、国営テレビは反政府デモ取り締まりで拘束した僧侶など700人以上を拘束したが、その大半は釈放され、現在拘束中なのは109人だと報じた。報道によると、取り締まりで拘束されたのは、僧侶513人と女性を含む一般信徒ら197人で、588人が釈放されたという。

 このほか、軍政当局は外国への情報流出を防ぐため、インターネット回線を一時切断していたが、5日夜から復旧したという。ただ、接続可能な時間帯が夜間に限られているとの情報もある。
《newsclip》