RSS

10点満点中4.46点、タイ内閣への評価低迷=バンコク大調査

2007年10月9日(火) 12時36分(タイ時間)
【タイ】タイの私立大学、バンコク大学が10月2—7日、バンコク首都圏在住の有権者を対象に実施した世論調査(回答者1075人)で、スラユット内閣への評価は10点満点中4.46点となり、3カ月前の4.32点からやや上昇した。分野別では「安全保障」が前回調査の4.36点から4.77点に、「外交」が同4.47点から4.71点に上昇。「経済」は同3.91点から3.76点に低下した。

 スラユット内閣の成果については、「期待以下」が33.9%、「期待と同程度」28.6%、「期待以上」5.3%だった。

 1年前と現在の状況の比較では、「悪くなった」37.7%、「変わらない」30.2%で、「良くなった」は14.3%にとどまった。
《newsclip》