RSS

国際協力銀、シンガポールの半導体メーカーに協調融資

2007年10月10日(水) 08時53分(タイ時間)
【シンガポール】シンガポールの半導体受託生産大手チャータード・セミコンダクター・マニュファクチャリング(CHRT)は国際協力銀行(JBIC)と三井住友銀行から総額3億ドルの協調融資を受け、大日本スクリーン製造、東京エレクトロン、ニコンから半導体製造設備を購入する。5日に融資契約に調印した。購入する設備は同社の半導体製造前工程第7工場の増設用。

 JBICによると、シンガポールの製造業生産高のうち36%が電気電子産業で、その40%を半導体産業が占める。
《newsclip》