RSS

オランダのING、タイTMB銀行に25%出資か

2007年10月10日(水) 09時43分(タイ時間)
【タイ】オランダの金融大手INGがタイの中堅商業銀行、TMB銀行の株式25%取得を検討していることが明らかになった。11月中に結論が出る見通しだ。

 TMBは資本不足を解消するため350億バーツの増資を実施する計画だが、同行に16.1%出資するシンガポール金融最大手DBSグループが先月、増資に応じない方針を表明し、TMBの筆頭株主であるタイ財務省が新たな出資者を探していた。

 TMBはタイ軍部の銀行として1957年に設立された。97年の経済危機で経営が傾き、公的資金の注入や中小銀行との合併が行われたが、経営改革が進まず、06年に123億バーツ、07年上半期に181億バーツの赤字を計上した。

 タイの銀行業界では昨年から今年にかけ外資との提携が活発化し、アユタヤ銀行が米ゼネラル・エレクトリック(GE)、バンクタイが米投資会社のTPGニューブリッジ、タナチャート銀行がカナダの銀行大手スコシアバンクから、それぞれ約30%の出資を受けた。
《newsclip》