RSS

タイの高僧が死去

2007年10月11日(木) 05時04分(タイ時間)
【タイ】タイの高僧で、中部ノンタブリ県チョンプラターンランサリット寺の住職のルアンポー・パンヤーナンタ僧が10日、バンコクのシリラート病院で冠動脈疾患のため死去した。96歳。

 原始仏教への回帰を説いた名僧、プッタタート僧(1906—1993)の修行場、スアンモーカパラーラーム(スラタニ県)などで仏教を学び、弟子、帰依者が多かった。タイ仏教で広く行われているお守りの製造やビジネス絡みの活動には関わらなかったという。

 タイのテレビ、新聞はパンヤーナンタ僧の死去を重大ニュースとして大々的に報道した。
《newsclip》