RSS

入院のタイ国王、快方へ

2007年10月14日(日) 20時54分(タイ時間)
【タイ】タイ王室事務局は14日、13日に脳虚血症で入院したプミポン国王の容態が快方に向かっていると発表した。血圧、呼吸などは標準値だという。

 国王が入院したバンコクのシリラート病院には同日、シリキット王妃を始め、プレム枢密院議長(元首相)、ソンティ副首相(前陸軍司令官)らが見舞いに訪れた。また、アナン元首相、チュアン元首相といった政官界の大物多数が病院で記帳を行った。病院前には大勢の一般市民が集まり、国王の快癒(ゆ)を祈った。
《newsclip》