RSS

タイ免税店のキングパワー、空港店舗の撤去拒否

2007年10月15日(月) 16時35分(タイ時間)
【タイ】タイ免税店最大手キングパワー・インターナショナルは12日、タイ国営空港運営会社エアポーツ・オブ・タイランド(AOT)からバンコクのスワンナプーム国際空港など4空港の免税店を12月上旬までに撤去するよう命じられたことについて、免税店運営契約をめぐる裁判が決着するまで要求を拒否する方針を明らかにした。

 AOTは2005年にキングパワーとの免税店運営契約を延長したが、クーデターによる政権交代で風向きが変わり、今年3月、契約内容に違法な点があったとして、契約を破棄した。キングパワーはこれを不服として訴訟を起こしている。店舗は通常通り営業を続けている。

 キングパワーはスワンナプーム空港、タイ北部のチェンマイ空港、南部のプーケット空港とハジャイ空港、バンコク都内で免税店を運営。今年の売り上げ見通しは170億バーツ。
《newsclip》