RSS

報道の自由度、タイは135位に転落=国境なき記者団

2007年10月17日(水) 21時03分(タイ時間)
【東南アジア】国際的なジャーナリスト団体「国境なき記者団」(本部パリ)がまとめた2007年版の報道自由度ランキングで、下位20カ国にラオス(161位)、ベトナム(162位)、中国(163位)、ミャンマー(164位)などアジアの7カ国が入った。最下位はアフリカ東部のエリトリア。北朝鮮は168位だった。

 1位はアイスランドで、14位まで欧州諸国が並んだ。米国は48位、インドは120位、ロシアは144位だった。

 東アジアでトップは台湾で32位。次いで日本37位(06年51位)、韓国39位。

 東南アジアはカンボジア85位、インドネシア100位、マレーシア124位(06年92位)、フィリピン128位、タイ135位(同122位)、シンガポール141位。マレーシアとタイはインターネットの検閲強化で順位を下げた。
《newsclip》