RSS

マハティール前首相が退院

2007年10月22日(月) 12時39分(タイ時間)
【マレーシア】心臓バイパス手術を受けたマレーシアのマハティール前首相(82)が21日朝、クアラルンプールの国家心臓研究所を退院した。多くの報道陣が見守る中、夫人と家族らに付き添われて、にこやかな表情で病院を後にした。今後は毎週同研究所に通院するほか、専属の看護士が24時間態勢で前首相に付き添う。

 マハティール前首相は9月4日に2回目の心臓バイパス手術を受けた後、同29日には傷口の感染症で再手術を受けていた。今回の入院は47日間にも及んだ。
《newsclip》