RSS

米国人男性が腹上死、勃起治療薬を3錠摂取=タイ東部パタヤ

2007年10月22日(月) 15時22分(タイ時間)
【タイ】21日夜、タイ東部チョンブリ県のアパートで、米国人男性(58)が性交中に意識を失い死亡した。一緒にいたタイ人女性によると、男性は性交前にED(勃起障害)治療薬を3錠飲んでいた。警察は検死を行う方針。タイ字紙プージャッカーンなどが報じた。

 男性は空路でタイに到着し、その足で東部のリゾート、パタヤを訪れ、バーの女性を連れ出したもよう。
《newsclip》