RSS

マレーシアのカジノ王、リム氏死去

2007年10月23日(火) 14時09分(タイ時間)
【マレーシア】マレーシアのカジノ大手、ゲンティン・グループの創業者で、資産家として有名なリム・ゴートン(林梧桐)氏が23日午前11時20分、同国スランゴール州の病院で死去した。89歳だった。

 リム氏は1918年中国福建省生まれ。37年に父とマレーシアに移住。建設会社経営を経て、60年代にゲンティンを設立し、71年にクアラルンプール郊外の高原にカジノリゾートを開業するなどして、同国有数の資産家となった。2003年に二男のリム・コックタイ(林国泰)氏に会長の座を譲り、引退した。

 リム氏の名前「ゴートン」は、改名前は「五筒」と書いた。出生時に麻雀に興じていた父親が麻雀牌のウーピン(五筒)をつかみ、「ゴートン!(五筒の福建音)」と叫んだことが由来で、生まれながらにして、カジノ王になる運命だったなどと語り草になっている。
《newsclip》