RSS

サイアム・セメント、7—9月期営業利益33%減

2007年10月24日(水) 20時35分(タイ時間)
【タイ】タイ素材大手サイアム・セメント(SCC)が24日発表した7—9月期決算は、売上高が前年同期比2%増の691.4億バーツ、営業利益が33%減の56.3億バーツだった。国内景気の減速を受け、化学など主力事業が軒並み減益となった。

 化学メーカー、アロマティクス(タイランド)の株式売却で、最終利益は1%減の75.5億バーツだった。

 事業部門別の売上高は、石油化学が4.7%増の342.2億バーツ、紙・パルプが2.7%増の110.3億バーツ、セメントが0.5%減の111.7億バーツ、建材が6.3%減の54.7億バーツだった。

 SCCは1913年に国策セメント会社として発足したタイを代表する企業。筆頭株主はタイ王室財産管理局(出資比率30%)。
《newsclip》