RSS

宮里藍がタイで初試合、米LPGA公式戦

2007年10月25日(木) 12時56分(タイ時間)
【タイ】米女子プロゴルフツアー公式戦、ホンダLPGAタイランド2007(優勝賞金19万5000ドル)は25日、タイ東部パタヤ市のサイアム・カントリークラブ・パタヤオールドコースで第1ラウンドを行った。注目の宮里藍は7オーバー、79と出遅れた。

 宮里は米本土でのツアーで不調が続き、日本でのスケジュールを終えて休み無しの移動。1日遅れで現地入りし、練習ラウンドなしの24日のプロアマ戦からの出場となった。

 ラウンド後のインタビューでは、「前半はドライバーショットがバンカーに捕まったり、パッティングの距離感が今ひとつ合わなかったりした。後半はスプーンでのティーショットを増やすなどの工夫をして、多少リズムを取り戻せた」と振り返った。バンカーの砂の量が多く、ショットのイメージが出なかったとも。練習ラウンドが出来なかったため、タイのゴルフ場の特徴にアジャストできなかったもようだ。

 コースでは、スーパースターの宮里を一目見ようと、日本人が多数観戦。カメラのシャッター音や子供のはしゃぎ声などが非常に多く、選手側から苦情が出た。

 同試合は米プロゴルフツアー公式戦ということもあり、アニカ・ソレンスタム(スウェーデン)、ポーラ・クリーマー(米国)、モルガン・プレッセル(米国)、パク・セリ(韓国)、ローラ・デイビス(英国)といった世界トップクラスの選手が出場。日本からは宮里のほか、辻村明須香、アマチュア日本代表の宮里美香が出場している。

(取材協力:パノラマ・インターナショナルマーケティング(株) サイアム・カントリークラブマーケティングアドバイザー 筧 由希夫)
《newsclip》