RSS

宮里美香選手、タイの米LPGA公式戦で好発進

2007年10月25日(木) 16時44分(タイ時間)
【タイ】タイ東部パタヤ市のサイアム・カントリークラブ・パタヤオールドコースで開催中の米女子プロゴルフツアー公式戦、ホンダLPGAタイランド2007(10月25—28日)に、アマチュア日本代表の宮里美香選手(18)が参戦中だ。ジュニア時代から日本代表チームメンバーとして活躍。2006年にドーハで行われたアジア大会で銀メダルを獲得するなど、女子トップアマチュア選手として注目されている。

 25日の初日は、最終組のスタート。1番パー5のロングホールは、ティーショットをバンカーに入れながらも、見事なバーディー発進。その後は完ぺきなショットで攻めるも、慣れないタイのグリーンで再三のバーディパットを決めることが出来ず、がまんのゴルフが続いた。後半もショットは好調で、惜しいパットを外しながらも1アンダー(71)でホールアウト。米女子ツアーのそうそうたるスター選手が参加する中、アマチュアとして堂々のスタートを切った。

——今回の参戦について

「話をいただいたのが急でびっくりした。本当に出場できるのか、ドキドキした」

——海外でのプロツアーの試合は初めてだが?

「あまり緊張はせず、普段どおり出来た。コースに関しても、さほど難しさは感じなかった。スコアよりも経験を積むことが第一だと思い、参加することを決めた」

——日本からタイに来てコンディションの方は?

「タイに来る直前まで学校の試験があり、練習時間が思いどおりに取れなかった。1日当たり1—2時間の練習しか出来なかった」

——試験の成績は?

 「(ニコニコ)……」

——有名選手との会話は?

 「いえ、見るだけ……」

——今日の成績について

 「ショットはかなり良い状態だったと思う。明日以降はパットが決まるように頑張りたい」

——今後の活動については?

「卒業後、日本のプロテストに合格することが第一。なるべく早く海外での試合にも挑戦してみたい」

(インタビュー協力:パノラマ・インターナショナルマーケティング(株) サイアム・カントリークラブマーケティングアドバイザー 筧 由希夫)
《newsclip》