RSS

タイ国王の姉、がんで入院

2007年10月26日(金) 08時16分(タイ時間)
【タイ】タイ王室事務局は25日、プミポン国王の姉のカラヤニ王女(84)が同日、バンコクのシリラート病院で脳卒中の治療を受けたと発表した。また、王女が6月から、腹部のがんで同病院に入院中だったことも明らかにした。

 プミポン国王も10月13日から、軽度の脳血管障害でシリラート病院に入院している。

 カラヤニ王女はロンドン生まれで、欧州で長く暮らした。タイでは様々な慈善活動に取り組み、クラシック音楽の後援者としても知られる。
《newsclip》