RSS

タイのCP、ベトナムに5年で36億ドル投資

2007年10月30日(火) 13時36分(タイ時間)
【タイ】タイ屈指の大財閥CPグループは2008—2013年にベトナムに36億ドルを投資する計画だ。投資先は不動産、小売り、通信、炭鉱などを予定している。

 CPの対ベトナム投資は年内に5.5億ドルに達する見通し。ベトナムでの主な事業は同社とタイの大手商業銀行サイアム・コマーシャル銀行(SCB)が30%ずつ、ベトナム政府が40%出資するビナサイアム銀行、コンビニエンスストアのフレッシュマートなど。

〈CPグループ〉
タイ、中国など20カ国で食品、オートバイ生産、小売り、通信、不動産といった事業を展開。タイの主力企業は食品・飼料大手CPフーズ、コンビニのCPオール、通信大手トゥルーなど。
《newsclip》