RSS

タイのシネコン最大手、メディア会社に出資

2007年11月1日(木) 14時15分(タイ時間)
【タイ】タイの複合映画館(シネマコンプレックス)最大手メジャー・シネプレックスは、テレビ番組製作などを手がけるトラフィック・コーナー・ホールディングスの株式25%を株式交換で取得する計画だ。メディア戦略の多角化が狙い。

 トラフィックは、メジャーの子会社で映画のVCD、DVD販売を中心とするMピクチャーズの株式80%を受け取り、自社増資株をメジャーに割り当てる。取引の総額は約3億バーツ。

 トラフィックはテレビの放送枠を買い取り欧州のサッカーなどを放送。上半期の総売上高は1億バーツ。

 メジャーはシネコン37館やボーリング場を運営。上半期は総売上高37.8億バーツ、最終利益9.3億バーツ。
《newsclip》