RSS

3日で死傷60人、タイ深南部のテロ激化

2007年11月7日(水) 02時23分(タイ時間)
【タイ】タイ深南部の3県で銃撃、爆破テロが続発し、4—6日の2日間で十数人が殺害され、40人以上が負傷した。

 中国系の住民が多いヤラー市では6日、市場で爆弾が爆発し、28人が負傷した。うち7人は重傷。また、テロ容疑者1人が治安部隊と銃撃戦の末、殺害された。

 隣県のナラティワートでは5日、モスク近くでイスラム教師2人が銃撃され死亡。6日には帰宅途中の教師2人が射殺された。

 深南部ではタイからの独立を目指すイスラム系住民と治安当局の抗争が激化し、過去4年に約3000人が死亡した。昨年9月のクーデターで発足したスラユット政権は、過去のイスラム教徒住民弾圧を謝罪する一方、テロ容疑者の大量逮捕を進めている。
《newsclip》