RSS

バンコク外環状線道路が全線開通

2007年11月15日(木) 08時54分(タイ時間)
【タイ】バンコクの外環状線でこれまで工事が続いていた南部部分、サムットプラカン県バンプリー郡—プラプラデン郡のチャオプラヤ川を挟む区間が完成して文字どおりの環状線となり、11月15日開通した。これにより、プラプラデン一帯からバンコク都心を避けてスワンナプーム国際空港に向かうことが可能となる。川を渡るカンジャナピセーク橋は全長500メートルとタイ最長。橋が完成する前は、車両専用の艀(はしけ)を利用しなければならないなど、一帯では慢性的な渋滞が続いていた。

 タイ高速道路公社(ETA)によると、同区間が開通したことにより、 1年当たり40億バーツの利用者の燃料費が節約できることになるという。料金所が完成する2009年2月までは、料金無料となる。
《newsclip》