RSS

ASEAN首脳会議、18日に開幕

2007年11月18日(日) 11時13分(タイ時間)
【東南アジア】東南アジア諸国連合(ASEAN)の首脳会議が18日、シンガポールで開幕した。今回の最重要議題は、将来のASEAN共同体樹立を見据えた「ASEAN憲章」への署名だ。

 一連の報道によると、加盟各国が取りまとめたASEAN憲章の最終案には、内政不干渉の原則を堅持することが明記され、ミャンマー問題を念頭に置いた制裁措置の発動は盛り込まれなかった。また、意思決定方式に関しては、これまでの全会一致方式を踏襲した上で、合意が困難な場合に限り、首脳会議が議決方式を決定できるとして、多数決方式による表決にも含みを残した。調印式は20日に行われる予定だ。
《newsclip》