RSS

前首相一族が上場企業株売却、選挙資金作りか

2007年11月19日(月) 20時01分(タイ時間)
【タイ】タクシン前首相の妹の一族であるウォンサワット家が16日までに、タイ証券取引所(SET)上場の工業団地開発会社ウィンコースト・インダストリアル・パークの株式約40%を売却した。売却益は約2億バーツとみられる。

 前首相の義弟のソムチャイ・ウォンサワット前法務次官がタクシン支持のパランプラチャーチョン党の副党首に就任していることから、タイのメディアでは、株売却は選挙資金作りが狙いという見方が強い。
《newsclip》