RSS

タイ総選挙、前首相支持政党が優位

2007年11月21日(水) 02時28分(タイ時間)
【タイ】12月23日投票のタイ下院総選挙は、下馬評どおり、タクシン前首相支持のパランプラチャーチョン党(PPP)が優位に立っているもようだ。

 21日付の英字紙バンコクポストによると、同紙とタイ字紙ポストトゥデー、タイ国営テレビ局TITVがウェブサイトで行っている政党支持率調査で、PPPは支持率51%、民主党は41%だった。次期首相候補の支持率はサマックPPP党首48%、アピシット民主党党首41%。

 一方、タイ英字紙ネーションが19日付で発表した下院(定数480)総選挙の獲得議席見通しは、PPP190、民主党128、チャートタイ党(党首、バンハーン元首相)63、プアペンディン党(党首、スウィット元副首相)45、ルアムジャイタイチャートパタナー党(党首、チェーター元陸軍司令官)23、マチマーティパタイ党(党首、プラチャイ元TPI最高経営責任者)22。
《newsclip》